ギリシャ悲劇・オデュッセイア

ギリシャ悲劇や、ホメロスのオデュッセイア、ダンテの神曲など、取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

レオパルディ カンティ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ニーチェからカルヴィーノまで、また漱石から三島まで、多くの魂を共振させた近代イタリア最大の詩人レオパルディ。西洋文学の深い流れを汲んだ「思索する詩人」が、ペシミズムの極限に見出した世界とは。その詩と散文の代表作を、彫琢された日本語で見事に再現。

内容(「MARC」データベースより)
ニーチェから漱石まで、多くの魂を共振させた近代イタリア最大の詩人レオパルディ。西洋文学の深い流れを汲んだ「思索する詩人」がペシミズムの極致に見出した世界とは。その詩と散文の代表作を、日本語で見事に再現する。

オデュッセイアー (下) (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
岩波文庫を底本に、名著・古典籍を復刻刊行するシリーズ。「オデュッセイアー」を収録。※旧版からの復刻のため、一部読みにくいページがございます。

ラテン文学史 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
ラテン文学はギリシア文学とともに、近代ヨーロッパ文学の基礎をなしている。本書は、初期の詩から、古典期の詩人たち、セネカ、タキトゥスにいたるラテン文学を扱い、ローマの文学ともいえるラテン文学の本質を、単に文学上の見地から見るにとどまらず、社会的・政治的・言語学上の見地からも概説する。

エレクトラ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ミケーネの王妃クリュタイムネストラは、夫アガメムノンが長女を生贅にしたことを怨み、愛人のアイギストスと協力して夫を殺害する。次女のエレクトラは幼い弟オレステスの身を案じてひそかに知人に預け、自分は王宮に残って弟の成長と父親の仇討ちの機会を待っている。やがて、父が母に殺害されてから七年が過ぎた。八年目のある日、ついにオレステスが帰国する…。

内容(「MARC」データベースより)
父を母に殺され、幼い弟の成長と父親の仇討ちの機会を待って暮らしてきたエレクトラ。父の殺害から7年が過ぎ、8年目のある日、ついに…。蜷川幸雄演出・大竹しのぶ主演の舞台のために、現代ギリシャ語訳から直接翻訳。

イーリアス (上) (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
『イーリアス』は、伝ホメーロス作の長編叙事詩。『オデュッセイアー』と並んで、ギリシア文学の劈頭に位置するのみか、文学的世界遺産と称するに足る傑作である。全二四書、一万五六九三行に描かれるのはトロイア戦争十年目の四九日間。神々と英雄・人間とが織りなす壮麗なドラマを訳者はみごとな日本語で再現した。全二巻。

内容(「MARC」データベースより)
ギリシア文学の劈頭に位置するのみか、文学的世界遺産と称するに足る傑作「イーリアス」。神々と英雄・人間とが織りなす壮麗なドラマ。1953~58年刊岩波書店刊の3巻本を再刊。上巻には第一書から第十二書まで収録。

イソップ (大型本)

出版社 / 著者からの内容紹介
「野ネズミと家ネズミ」「北風と太陽」「王様をほしがるカエル」「ウサギとカメ」「オオカミとヒツジかい」など、入学までに読ませておきたいイソップ寓話を、西本鶏介先生の執筆により20話収録。

内容(「BOOK」データベースより)
イソップ童話は、平凡な人間として生きるためのルールを、子どもも大人も楽しめる童話的世界で目に見えるように描きだしています。2,500年ほど前につくられたお話ですが、すぐれた寓話としていまでも世界中の人々から親しまれています。知恵がいっぱいのイソップ20話。

オウィディウス 変身物語〈下〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
もの音ひとつしない静寂のなか、おぼろな靄に包まれた、嶮しい、暗い坂道を、ふたりはたどっていた。もう地表に近づいているあたりだったが、妻の力が尽きはしないかと、オルペウスは心配になった。そうなると、無性に見たくなる。愛がそうさせたということになるが、とうとう、うしろを振りかえった。と、たちまち…(「オルペウスとエウリュディケ」から)。

食卓の賢人たち〈4〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
豊富な資料を駆使して、酒宴にまつわる話題から、大食い、大酒、酒盃など委曲を尽くして物語る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柳沼 重剛
筑波大学名誉教授。1926年東京都生まれ。1949年京都大学文学部卒業。筑波大学・大妻女子大学教授を経て1999年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

オデュッセイア〈上〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流、さらに一〇年にわたる冒険が始まる。人並すぐれた忍耐力と知略に恵まれた主人公が相次ぐ苦難を克服し、帰国を果して悪人どもを討つ―『イリアス』とともにその卓抜な構想力でヨーロッパ文学の源泉と仰がれる、ギリシア最古の大英雄叙事詩。

内容(「MARC」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流し、さらに10年にわたる冒険が始まる。ヨーロッパ文学の源泉、ギリシア最古の大英雄叙事詩。94年刊のワイド版。

メタモルフォーシス―ギリシア変身物語集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
名前の意味から解放奴隷の出身とされるリーベラーリスが、神話やフォークロアに材を求め創造した四十一の変身物語。厳しい自然の中で人が神や妖精と共に生き、愛を交わし、闘った古典世界。死すべき身の人間の見果てぬ欲望を、神は憎み、時に憐んで、人を鳥や獣や星へと変身させる。善悪の判断や装飾を一切加えない素朴で力強い物語は、まさに文学の豊かな源泉。ギリシア語原典からの本邦初訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アントーニーヌス・リーベラーリス
物語作家。活動年代は紀元後2~3世紀と推定されるが出生地ほか生涯の詳細は不明。その名前の字義は「解放奴隷アントーニーヌス」であるため、皇帝アントーニーヌス・ピウスが在位した紀元後138~161年に解放された奴隷だったと考えられている。ラテン語風の名前にもかかわらず、知られている唯一の著書『メタモルフォーシス』はギリシア語で書かれている。収録されている41の変身物語には、ニーカンドロスやボイオスなどヘレニズム時代文学の影響が色濃くみられる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

- 美容外科- アキバ中毒のページ- 鶯谷・うぐいすだに- 千葉の印刷なら千代田印刷- 電子たばこ- 横浜関内リラクゼーションサロンDIO- 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク- ハロー!江東区!- 台東紀行- GOGO!江戸川区!- 墨田区紀行- 台東クラブ- 東京ぶらぶら- 高収入バイト情報- 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」- 日暮里 鶯谷 上野 ニュース-
-

oooショッピング 検索ooo 千葉スポーツ施設MAPooo ばばっばっ!ばばぁ~馬場の丸撮り~♪ooo 渋谷ぶらりooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 中野区居住化計画ooo A&Dooo AV機器ooo もっと知りたい!練馬区ooo 東京ぶらぶらooo 台東クラブooo よい街、品川ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo アキバ中毒のページooo 和菓子de千葉はんなりooo ダーツ大好き@千葉ooo フード、ドリンク.コレクションooo